文書を削除する

弁護革命に登録した文書はいつでも削除することができます。削除操作は他のユーザーにも影響します。

1件ずつ削除する

文書レコードを右クリックすると、「削除」というメニューがあります。 これをクリックしてください。

まとめて削除する

テーブル左上のチェックマークをクリックすると、「まとめて操作」モードになります。 削除したい文書をチェックして、「削除」をクリックします。

削除したデータはどうなるか?

削除したデータはシステム上で非表示になりますが、PC上には残っています。 誤ってデータを削除した場合でも、復旧ができるようにするための仕様です。

「削除」したファイルは下記のフォルダに温存されます。

プロジェクト名[弁護革命system]/__Document__/__deleted__

完全にデータを削除したい場合には、手動で、上記フォルダ内のデータを削除して下さい。