まとめて操作

まとめて操作モードへ

まとめて操作 とは

チェックボックスを表示して、選択した文書をまとめて操作します。 以下の操作が可能です。

  • 符号を編集する

  • ダウンロードする

  • 文書を削除する

文書DBのテーブル左上にあるチェックマークをクリックすると、このモードに移行します(v1-5-1以降)。

「ツール>一括DL or 削除」からもこのモードに移行できますが、最終的には、「ツール>一括DL or 削除」は廃止され、こちらに一本化される予定です。

💡 チェックボックスを全選択/全解除する

一番上に表示されるチェックをクリックすると、 全部選択する⇔全部の選択を外す が切り替わります。

💡 チェックボックスをまとめてチェックする

チェックボックスをクリックする際に、シフトキーを押しながら左クリックすると、一番近いチェックから下がまとめてチェックされます。

符号を付ける

選択した文書に指定した符号を付けます。 番号は無しになります。

「資料」「判例」など、番号無しの符号をまとめて付けるのに便利です。 既に同じ符号がある文書に適用した場合は、その文書の処理はスキップされます(符号は重複しません)。

ダウンロード

文書のファイルをまとめてダウンロード(出力)します。 文書DBの検索結果で表示されている並び順が維持されます(結合など、並び順に意味のある操作をした場合)。

この画面に記載された各オプションを指定して実行します。

証拠番号埋め込み

「右肩に証拠番号を埋め込む」のオプションをオンにすると、右肩に証拠番号が書き込まれます。

2つ以上の文書符号が設定されている場合には、証拠番号と思われる符号を1つだけ採用します。

PDFを結合する

選択したPDFを1個のPDFファイルに結合します。 検索結果の並び順がそのまま採用されます。 印刷時などに便利です。

ページ区切り機能 表裏や2in1で印刷するときに、甲5号証の裏側に甲6号証の1ページ目が印刷されるといった具合になって、不便なことはないでしょうか。 結合時のオプションは、これを解消する機能です。 印刷をおこなうときなどに便利なように、白紙のページを挿入します。 表裏で印刷したい場合は2ページ区切りを指定します。すると、文書の区切りがかならず奇数ページになるように、途中に白紙が差し込まれます。 2in1片面も、2ページ区切りでOKです。 2in1裏表で印刷したい場合は、4ページ区切りを使います。

削除

選択した文書を全てまとめて削除します。