クイックスタート

この記事では、インストールと最低限の機能について、できるだけコンパクトに説明します。短い説明で素早くスタートしたい方向けです。

必要環境

確認をお願いします。

  • OS:win10 64bit  または Mac

  • GoogleChrome推奨

  • InternetExplorerでは動作しません

弁護革命の全体像

案件単位で文書を登録し、自在に活用できるシステムです。 強力な解析機能により、文書のタイトル、日付、証拠番号、全文テキストまで自動で認識します。 10ファイルから数万ファイルまで違和感なく使えます。

登録→検索 の2つのステップが分かればすぐに使い始めることができます。

インストールする

アカウントはあらかじめ作成しておいてください。

windows

所要時間目安:1分

インストーラーをデスクトップなどに置き、実行して下さい。

インストーラー(兼ランチャー)をダウンロードする(win)

すぐに本体が起動します。起動後にメール認証があります。

ランチャー兼インストーラーとなっています。起動もこのファイルでおこないます。

mac

所要時間目安:1分

インストーラー(BengoKakumei.pkg)をデスクトップなどに置き、実行して下さい。

インストーラーをダウンロードする(mac)

「アプリケーション」内に Bengokakumei.Appが作成されます。 Bengokakumei.Appを実行すると弁護革命が起動します。 Bengokakumei.Appをドックに追加しておくと便利です。

インストーラー(BengoKakumei.pkg)はインストールが完了したら不要となります。適宜削除してください。

共通

起動にGoogleChromeが必要です。お持ちでない方はインストールをお願いします。

Chrome

ワードやエクセルを表示するためにはChromeに下記プラグインを追加して下さい。

ドキュメント、スプレッドシート、スライドで Office ファイルを編集

エラー対応

エラー表示が出たらすぐにお問い合わせください。

起動する

インストールが終わると、GoogleChromeが立ち上がります。 はじめてインストールした場合は、「練習用」というプロジェクト名が見えます。

既にマシン上に弁護革命データがある場合は、その中のどれかが表示されます。

『練習用』プロジェクトは、ローカルにデータを保存します(クラウドにデータを保存していません)。このプロジェクトに登録したデータは、別のPCからは見ることができません。 プロジェクトの共有についてはこちらをご確認ください。

サポートチャットで質問する

画面の右下にサポートチャットのアイコンが表示されています。 不明点はここからいつでも質問できます。

有人型です。自動応答ではありません。メッセージ履歴は画面を閉じても残ります。

ヘルプチャット

文書DBを使う

ここがメインの画面です。

登録する

まず文書を登録してみましょう。 画面にドラッグアンドドロップで登録できます。

自動認識機能により、タイトル・日付・証拠番号・全文テキストが解析されます。

  • 自動認識機能を使うためにはインターネットに接続しておいてください。

  • 非定型な文書はうまく読めないことがあります。最初は、裁判所に提出されるようなものでお試し下さい。

  • 保護されたPDFは解析できません(登録すること自体は可能です)。

  • 無料版では自動認識機能に上限枚数があります。

表示する

文書登録をすると、左端に「PDF」などのボタンが表示されます。 そのボタンを左クリックで画面内で読めます。右クリックでタブで開くこともでききます。

検索する

できれば10ファイルくらい入れておいてください。 上部の検索ボックスキーワードを入れるとキーワードで絞り込まれます。 下に並んでいる「甲号証、乙号証」などのボタンをクリックすると、その符号で絞り込まれます。 キーワードと、符号は同時に指定できます。

ソートする

文書一覧の上にある、符号・タイトル・日付などの横にあるボタンで並べ替えができます。何度かクリックしてみてください。

編集する

個々の文書のタイトルや日付欄をダブルクリックしてください。 編集モードになります。入力できたらエンターキーを押してください。 memo欄には参考情報を記入できます。 文書レコードを右クリックすると、削除などのメニューも出てきます。

検索結果をリセットする

検索ボックスの右側の「クリア」を押すと絞り込みが解除されます。

テキスト検索を使う

メニューバーでテキスト検索をクリックしてください。登録したファイルの本文を検索できる画面に移ります。

検索する

検索ボックスにキーワードを入れて、エンターキーを押してください。 そのキーワードが含まれたテキスト部分が、画面内に抽出されて表示されます。 画面を上下にスクロールして確認してみてください。

ファイルを表示する

左側に、「P5」などという青いボタンで、該当PDFファイルの頁数が表示されています。 それをクリックしてください。該当PDFの該当頁がそのまま開きます。

絞り込んで検索する

検索ボックスの下に絞り込みというボックスがあります。 ここにキーワードを入れると、タイトルや文書符号での絞り込みをかけられます。 たとえば甲号証だけを全文検索できます。

プロジェクトを作成する

右上のプロジェクト切替ボタンをクリックすると、一番下に「追加」というボタンがあります。 それをクリックします。

出てきた画面で、プロジェクト名に「サンプル事件」(名前はなんでもOKです)など、適当な名前を入力してください。 あとは全部デフォルトのままで、「OK」をクリックしてください。 すると、文書DB画面に移行します。

  • プロジェクトはいくつでも作れます。また、プロジェクト名はあとから変更できます。

  • 無料版では作成可能なプロジェクト数に制限があります。

セキュリティ

弁護革命はローカルを基本にしたシステムです。案件データを弁護革命サーバーが預かることは一切ありません。 自動認識機能を使う場合に限り、解析のために一時的にファイルをサーバーに送信しますが、これも数秒でサーバーから削除されます。