文書を表示する

プレビュー画面で文書を見る

左端に表示される 「PDF」 「DOC」 などのボタンを左クリックすると、その文書が表示されます(プレビュー)。

PDFファイルに対しては注釈を付けることもできます(注釈を付けてもオリジナルのPDFファイルはクリーンな状態で残っています)。

大きな画面で文書を見る(タブ表示)

別のタブを開いて、大きな画面で文書を表示することもできます。 以下の方法でタブ表示になります。

  • 「PDF」 「DOC」 などのボタンを右クリックする(おすすめ

  • プレビュー画面左側の「タブ表示」をクリックする

  • 文書レコードを右クリックして、「タブで開く」を選択する

全文テキストを見る

「TXT」をクリックして切り替えると、全文テキストが表示されます。 上部のボックスでキーワード検索も可能です。

プレビュー画面での各種操作

PDFに注釈を付ける

「注釈モード」ではPDFに注釈を付けることができます。ブックマークを付けることもできます。 注釈を付けても、オリジナルのファイルは変更されずにそのまま保存されています。 自分の付けた注釈は他のユーザーからは見えません。

詳細は以下を参照してください。

タブ表示

別のタブを開いて、大きな画面で文書を表示することができます。

ファイル編集(実行)

文書のファイルをPCで直接実行します。

たとえばワードファイルならば、PCでワードが起動されます。 この機能を使うことで、以下のことが可能になります。

  • プレビューできないファイルでも表示できる(そのPCで実行できればどんなファイルでも開きます)

  • ファイルの内容を編集できる

上乗せロックが適用されている場合は、この機能は使用できません。

👉 注意 ファイルのテキストを登録後に編集しても、全文検索機能などには結果が反映されませんので注意して下さい。 弁護革命は動かない資料を扱うことを重視した設計ですので、ファイル編集はやや例外的な操作と位置づけられています。

ダウンロード(DL)

そのファイルをデスクトップに出力します。 注釈モードからDLすると、注釈付きのファイルがDLされます。 注釈モードをオフにしてDLすると、注釈無しのファイルがDLされます。

注釈モード(PDFファイルの場合)

チェックボックスをオンオフすることで、注釈モードと、オリジナルの表示が切り替わります。 オリジナルの表示では、注釈が無い状態になります。

ワード、エクセルなどを表示する

Chromeに下記のプラグインを追加して下さい。

プラグイン

ドキュメント、スプレッドシート、スライドで Office ファイルを編集

○○のファイルが表示できない

ファイル編集」からの表示をご検討ください。