プロジェクトを同期 or バックアップする

1人で利用している場合でも、弁護革命のデータを複数のマシンで同期したり、バックアップしたい場合があります。

2台のマシンで弁護革命を利用するので、マシンA,Bでデータを同期したい。 1台のマシンから利用しているが、万が一に備えて、弁護革命のデータをクラウドなどにバックアップしておきたい。

この場合は、Dropboxなどにデータを保存することをお薦めします。 プロジェクト作成の際に、Dropboxなどの上にあるフォルダを指定してプロジェクトを作成してください。

同期・バックアップのためにDropboxを利用する例

これで、そのプロジェクトのデータはDropboxと同期されるようになります。

  • Dropboxを同期している別のマシンから同じプロジェクトを見る

  • Dropbox上にそのプロジェクトのデータをバックアップする

これらが可能になります。

※ローカルのフォルダと同期できるサービスであれば構いません。Dropboxは一例です。