ツール

ツール

ツールメニューから色々な機能が利用できます。

機能説明

文書符号設定

文書符号を自由にカスタマイズできます。詳細は下記を参照してください。

一括DL or 削除

複数の文書について、一括してDLしたり、削除したりします。 「まとめて操作」を参照してください。(このボタンは今後廃止予定)

リスト出力

現在表示されている文書の書誌情報をエクセルにして出力します。 出力は証拠説明書スタイルです。 証拠番号埋め込み機能と組み合わせて、書証の準備ができます。 単なるリストとして、整理用に利用することもできます。

書証準備活用例 以下のようにすると、弁護革命のみで、書証準備がほぼ完結します。

  1. PDFを登録しておく

  2. 提出したいものに、文書符号機能で証拠番号を付けておく(枝番対応)

  3. 日付、作成者、メモ(→立証趣旨となる)を整える

  4. 「リスト出力」する → 出てきたエクセルから、証拠説明書にコピペ

  5. 一括DLの「証拠番号埋め込み」機能でPDFを出力

手直しモード

手直しモードに移行します。 文書の書誌情報を続けて編集する場合に利用します。

フォルダを開く

そのプロジェクトのデータが保存されているフォルダが開きます。 データの保存状況を確かめる場合などに利用できます。