インストール~起動

はじめに

弁護革命のインストールはインストーラーをダブルクリックすると自然に進行していきます。 特に分からない部分が無ければ、この説明を細かく読む必要はありません。

インストールの流れ

GoogleChromeのインストール

弁護革命はブラウザで動作します。 GoogleChromeをインストールしていただくことをおすすめします。

https://www.google.com/chrome/

他のブラウザでの動作保証はありません。 (Edge、Firefox、Safariなどでも実際には動作しますが、厳密なテストはおこなっていません。) Internet Explorerでは動作しません。

WIN

概要

インストーラーをダウンロードしてダブルクリックすると、本体が起動します。 本体で認証を行うと完了です。

ダウンロード

下記のリンクからプログラムをダウンロードしてください。

インストーラー(兼ランチャー)をダウンロードする(win)

インストーラーの実行

インストーラー(Bengokakumei2.0Launcher.exe)をデスクトップなどに置いて、ダブルクリックで実行してください。

  1. ダブルクリックする

  2. 弁護革命が起動

  3. メールアドレス入力を求められる

  4. ユーザーアカウントのメールアドレスを入力

  5. メールアドレスに届いたワンタイムキーを入力

  6. 操作可能になる

ランチャー兼インストーラーとなっていますので、デスクトップなどに置いておくことを推奨します。起動もこのファイルでおこないます。

MAC

概要

インストーラーをダウンロードして実行すると、アプリケーションフォルダ内にプログラムが設置されます。それを実行すると本体が起動します。 本体で認証を行うと完了です。

ダウンロード

下記のリンクからプログラムをダウンロードしてください。

インストーラーをダウンロードする(mac)

インストーラー(BengoKakumei.pkg)を実行して下さい。

インストーラーの実行

インストーラーをデスクトップなどに置いてダブルクリックで実行してください。

「アプリケーション」内に Bengokakumei.App が作成されます。 Bengokakumei.App を実行すると弁護革命が起動します。

Bengokakumei.Appをドックに追加しておくと便利です。

  1. Bengokakumei.Appを実行する

  2. 弁護革命が起動

  3. メールアドレス入力を求められる

  4. ユーザーアカウントのメールアドレスを入力

  5. メールアドレスに届いたワンタイムキーを入力

  6. 操作可能になる

インストーラー(BengoKakumei.pkg)はインストールが完了したら不要となります。適宜削除してください。

起動

WIN:ランチャー・スタートメニュー

さきほどダウンロードしたランチャー兼インストーラーをダブルクリックすると、弁護革命が起動します。 デスクトップ上に置いておくなどしてご利用下さい。 別の場所において、ショートカットのリンクを作ってもかまいません。

スタートメニュー(ウィンドウズアイコンから表示されるメニュー)内にも、 弁護革命のアイコンが追加されます。

MAC:起動

「アプリケーション」内に 作成されたBengokakumei.Appで起動します。

Bengokakumei.Appをドックに追加しておくと便利です。

弁護革命はGoogleChromeを自動で探して立ち上げるようになっています。普段利用しているブラウザがChrome以外(Edgeなど)のものであっても、デフォルトのブラウザをChromeに変更する必要はありません。

終了

通常は、ブラウザをとじるだけで構いません。 プログラムを完全に終了させるには、本体画面右上の「メニュー」から、完全に終了するを選びます。

完全に終了するは、不具合で再起動の必要がある場合や、バージョンアップを反映させる場合以外は、実行する必要はありません。

完全に終了させたあとも、ランチャーを実行すると弁護革命は通常通り起動します。

文書登録をおこなった直後などに「完全に終了する」を実行すると、一部の処理がバックグラウンドで進行中であるため、データの破損が生じるおそれがあります。 数分程度の間隔をあけていただくことをおすすめします。

ワードやエクセルの表示

ワードやエクセルを表示するためにはChromeに下記を追加して下さい。

プラグイン

ドキュメント、スプレッドシート、スライドで Office ファイルを編集